次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

新型コロナウィルス肺炎の猛威で東京は自粛モードです。
当店も最新の注意を図りながら、通常通り患者様に使用する器具には丁寧に滅菌をし、グローブなどは患者様ごとに使い捨て(Disposable)のものを使用しています。

今日は少しでも皆さんのお役に立てるよう、塩素系の漂白剤で次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方をご紹介します。

塩素系の漂白剤で次亜塩素酸ナトリウム消毒液が作れます 千駄木 のざき 歯科

ドアノブや調理器具などの消毒に使う濃さです

基本的には2種類をご紹介します。
原液濃度が5パーセントから6パーセントの塩素系消毒液を使用する場合は、
水2リットルに対して塩素系漂白剤を10ml。およそキャップ1杯が5mlですので2杯分。
水500ミリリットルに対して塩素系漂白剤を5ml。キャップ1杯分です。

使い方はスプレータイプに移しましょう

基本的にはスプレータイプのものに移して使いましょう。
持ち運びで使うときは中身がこぼれたり、漏れたりしないものを選びましょう。
ドアノブや調理器具、便座などにシュッと吹きかけたらティッシュで拭き取って消毒しましょう。

注意点です。

・手指の消毒には使用しないこと。荒れたりします。
・換気の悪いところでは十分に換気してください。気分が悪くなるおそれがあります。
・漂白作用があるので、入れるものには容器の使用上の注意を確認してください。
・商品によっては塩素濃度が違います。表示濃度の確認をして下さい。
・基本的に1日使い切りにしましょう。作り置きは絶対ダメ。
・お洋服には掛からないようにしましょう。色落ちの原因になりかねません。
・保管はアルミホイルなど光が当たらないようにしましょう。なるべく2~3日で作り替えることが良いと思います。

 

診療時間/曜日
10:00~13:30
15:00~19:00
© 2019 千駄木 のざき歯科クリニック

PAGE TOP